Webサイトを公開するまで 〜その①〜

今回新しいブログを始めるにあたって、某レンタルサーバーさんからさくらインターネットさんのVPSに乗り換えました。

AWSも少し試したのですが、従量課金制なので月額が読めないのが怖くてやめました。

私は仕事でシステムいじいじしてますけど、プロのSEってわけではないので、つまづいたところやwebサーバー公開までの流れを簡単にまとめたいと思います。

ちなみにOSはCentOS6です。作業環境はMacのターミナルからSSHで接続しています。

Windowsの人はTeraTermとか使えばいいのかな。

1 ユーザー設定

OSをインストールしたらまずはユーザー設定です。

さくらVPSだとサーバーコントロールパネルからTerminalを起動できるので、そちらから設定します。

とりあえずrootでインストールして、自分が使うためのユーザーを追加します。

ここではユーザー名はhogeにしていますが、お好きな名前にしてくださいね。

パスワードを2回入力して、設定します。

続いてsudoresの編集です。ミスると死ぬので、間違ってもvi /etc/sudoresしないように。

まずは先ほど設定したユーザーがsudoを実行できるように設定します。

一度exitでログアウトして、設定したユーザーでログインできるか試しておきましょう。

ついでにsudo yum updateでもしておきましょう。

2 SSHでログインできるようにする

まずはサーバー側に.sshのディレクトリを作成しておきましょう。

ここからはMac側での作業です。

まずは鍵を作成します。(ここではid_rsa_sakuravpsという名前で作成しています。)

作成した鍵をサーバーに持っていきます。

続いてサーバー側で公開鍵を設定します。

これでMacのTerminalからSSHで接続できるはずです。試しておきましょう。

無事ログインできたら、セキュリティの確保のためにsshdの設定を変えておきます。

最後にsshdを再起動します。

 

これでMacからサーバーにログインする環境が整いました。

まだファイアウォールの設定などはデフォルトのままなので、サーバーをシャットダウンしておきましょう。

つづきはまた今度書きます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。