マニアックなシミュレーターゲームたち

世の中にはちょっとマニアックなシミュレーターゲームがありまして、私そういうの大好きなんですね。

シミュレーションゲームじゃなくてシミュレーターゲームです。

有名どころだと農業シミュレーターのFarming SimulatorとかEuro Truck Simulatorですね。

ひたすら農業、キャラクターとかペットとかそんなものはいねえ。ひたすら農業。

あの農機具メーカーも参入!みたいなニッチなシリーズ展開を繰り広げています。

そんなちょっと変わったシミュレーターで気になったものをメモがわりにまとめておこうと思いました。

AUTOMATONさんというゲームメディアで紹介されて気になったもの。

 


▲墓地に通わせるように誘導するとか楽しそう。


▲自作PCの勉強にもなりそうです。


▲普通に面白そう。景色は退屈そう。


▲今いちばんやりたいゲーム。東京は高難易度マップだそうです。


▲劇的ビフォーアフター的な。


▲アリの社会はほんと複雑なのです。


▲火星移住計画に参加したい人におすすめ。


▲テクノロジーの歴史を学ぶ系は勉強になります。


▲シミュレーターというか現実に経験した人がいないよね。

 

他に気になっているのは、お茶会シミュレーターのTea Party Simulatorやモールス信号通信手になるシミュレーター(タイトル失念しました。)などなど。

シミュレーターのいいところは擬似的に職業を体験したり、実際の機械や乗り物の仕組みを学んだりできるところだと思っています。

一方でゲームとしては破綻しているものも多くあるので、オススメしがたいジャンルでもあります。

何か面白いシミュレーターがあればぜひ教えてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。