DQXプレイヤーのためのFF14の色々:用語解説編

サーティーワンアイスクリームが好き、おゆきです。

最近FF14で遊んでいるのですが、新しくエオルゼアにやってきた人にはアストルティア(DQX)出身の方をちょこちょこ見かけます。

かくいう私もDQXをプレイしていて、最初色んな違いに戸惑ったので、ちょっと紹介したいと思います。

1 用語解説編

Twitterでつぶやいたらちょっとご好評をいただきました。今読み返すとちょっと間違っている感じのものもあります。

間違っていたり、ニュアンスが違っていたりするものもあるかもしれませんが、大目に見てください。

ドラクエにも似た要素があるもの

・クラス・ジョブ

職業のこと。レベル30になるとジョブになれます。ドラクエと違って、転職は武器を持ち変えるだけでできます。つまり、武器は各ジョブ1種類しか装備できません。

・クラフター

職人のこと。ドラクエと違ってどの職人もできます。ギャザラーと合わせてギャザクラともいう。

・ギャザラー

フィールドにあるキラキラを拾える職人みたいなもの。クラフターと合わせてギャザクラともいう。

・DPS(ディーピーエス)

基本的にはアタッカーのこと。Damage Per Second(1秒あたりのダメージ)を指すこともあるのでややこしい。

・CF(コンテンツファインダー)

オートマッチングのようなもの。マッチングが成立することをシャキる、という。

(例文)DPSでCF申請したら即シャキった。

・ワールド

サーバーのこと。ドラクエと違ってサーバーを移動するにはリアルマネーがかかる。

・テレポ

ルーラのこと。ゲーム内のお金がかかります。

・マケボ

旅人バザーのこと。

・マウント

ドルボードのようなもの。ちなみにドルセリンは不要。

・リテイナー

基本預かり倉庫。マケボへの出品もここからやる。ベンチャースクリップというお小遣いをあげれば素材を取ってきてくれたりもする。しかもキャラクリできる。

・Say

白チャットのこと。近くにいるみんなに聞こえる。

・Tell

感覚的にはフレチャに近い。その人にしか聞こえないチャット。

・Shout

そのエリア全体に聞こえる白チャット。

・FC(フリーカンパニー)

チームのこと。チームアジトと同じくFCハウスもあります。

・グラカン納品

職人ギルド納品のようなもの。経験値や軍票というものがもらえます。

・AF(アーティファクト)

職業装備のこと。レベル50でもらえるものをAF1、レベル60でもらえるものをAF2、レベル70でもらえるものをAF3とか言ったりします。

・DD(ディープダンジョン)

不思議の魔塔みたいなもの。レベル1からスタートして・・・ってやつ。経験値も稼げるので割と賑わっている。

・ゴールドソーサー

カジノのようなもの。ゴールドソーサーポイントという通貨を集めて景品と交換する。

・ミラプリ(武具投影)

ドレスアップのこと。お金はかからないがプリズムというアイテムが必要。

ミラプリはLv50になると解放されるので、それまではこんな格好を強いられる

・幻想薬

リアルマネーで買う美容院のようなもの。種族や性別まで変えられる。髪型だけなら美容院もちゃんとあります。

性別も変えられる

・ヘイト(敵視)

タゲとか怒りとかそんな感じ。

・レベルレ、5060ルレ、討滅ルレ、エキルレ

内容は全然違うけど日替わり討伐のような経験値とかのボーナスコンテンツ。日課のひとつ。日替わり討伐はモブハントってのがあるのでちょっとややこしい。

ドラクエXには馴染みの薄い用語

・ID(インスタンスダンジョン)

迷宮のようなものだけどちょっと違う。ダンジョンがそれぞれ迷宮のように独立したエリアになっていて、パーティを組んで攻略します。一つのダンジョンに3体ボスがいます。基本4人で挑む。

・FATE

フィールドを歩いていると青い円で囲まれたエリアがありますが、これがFATEです。そのエリア内でみんなで協力して指定された数の敵を倒したりして報酬をもらうコンテンツです。

FATEの例。

・討伐・討滅戦

いわゆるボス戦。いきなりボス戦ってことは基本的にはなくて、ボス戦になると強戦士の書のような感じでチャレンジできるようになる。基本8人で戦う。

床ペロは共通用語!

・ギミック

ボス戦なんかで対処が必要になる要素のこと。妖精図書館のボス戦を思い浮かべてもらえればイメージしやすいと思います。対処に失敗するとろくなことにならない。

(例文)久しぶりすぎてギミック忘れた

・ロール

FFではタンク、ヒーラー、DPSというロールがはっきり分かれています。ドラクエでいうと戦士やパラが相撲して、僧侶が回復して、バトマスが殴る、みたいなことです。CFでコンテンツに行くときは、4人パーティならタンク1ヒーラー1DPS2、8人パーティならタンク2ヒーラー2DPS4とか人数が決まっています。

・IL(アイテムレベル)

FF14は現在レベル70が上限ですが、それとは別にアイテムレベルと呼ばれる装備ごとのレベルがあります。もちろん高い方が強いし、コンテンツによっては平均IL***以下は参加できません、的なIL制限なるものがあったりします。

・極○○(例:極タイタン、など)

難しいモードのボス。例えばタイタンなら、タイタン、真タイタン、極タイタンがある。ドラクエでいうとアトラス、強アトラス、強強アトラスみたいな感じ。とても難しい。

・レベルシンク

例えばドラクエではレベル99のキャラがプスゴンに挑むとレベル99のままですが、FFではレベル70のキャラがタイタンに挑むとレベル38までレベルが下げられます。これがレベルシンクと呼ばれるもので、初見の人とチャレンジするときも近いレベルで挑めるので、秒速で倒しちゃう、みたいなことがない。似たような言葉にILシンクなどがある。

・バハ、アレキ、オメガなど

いわゆるエンドコンテンツ。レイドダンジョン?っていうのかな。ドラクエでいうと常闇のようなコンテンツ。ノーマルモードとハードモードのようなものがあって、それぞれNオメガとかオメガ零式とかいう。零式4層クリアした!って聞いたらイカ4を倒したようなものと思いましょう。たくさんクリアすると強い武器などがもらえる。常闇もレイドも私はほとんどいったことない。

 

用語についてはこんな感じでしょうか。

私も最近若葉のとれた初心者なので、不備不足等あると思います。

詳しいことは詳しい人に聞いてみよう!

また続きを書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。